2011年07月18日

エアコンによる頭痛対策 基本

今回はエアコンのクーラーからなる頭痛対策の基本です。

何故最初に書かなかった!と思うかも知れませんが

みんな知ってそうな事ばかりですので・・・。


クーラーで頭痛になる最大の原因で大前提は

冷房が効きすぎていると頭痛になることです。

極端に冷房が効いているところに長く居ると確実に頭痛になります。

また、冷房がそれなりに効いているところから

屋外に出た時に頭痛になるのは

温度差が激しいからです。

この二つを踏まえて対策をします。


クーラーが効きすぎている場合の最もお手軽な方法は

服を多めに着る事です。

出きれば長袖やネックウォーマーなどで肌の露出を少なくします。

ただ、この方法はその室内に居続ける場合

寒すぎて頭痛になるのは防げるから良いのですが、

屋外に出るとやはり頭痛になります。

色々試してみたのですが、

屋外で立っているだけで汗が出るほど暑い場合、

クーラーの効いた室内にいる時に

汗が出るほど着込んでいなければ効果がありません。

他の人が半袖でいるのに、

自分だけ汗をかきながらフリースやセーターを着ているのは

バカバカしくてやってられません。

もちろん、薄手の長袖さえ着ていれば

それなりに効果があるのでやっておいても悪くはありません。

ちなみに、クーラーの風が直接体に当たるのは

厳禁です!

また、極端にクーラーの効いた室内の温度に慣れてしまうと

頭痛になってしまうので、まめに外に出たりするのも悪くありません。


お金はかかりますが、お手軽で効果のある方法は

カイロを首の付け根辺りに貼ることです。

これは結構効果があります。

特にクーラーが効きすぎているところでは

頭がほんわりして気持ちいいです。


最後に、エアコンで頭痛になるのは

エアコンに慣れるまでです。

これはその日1日の話ではなく、

エアコンを使う1シーズンでの事で、

例えば私の場合、6月7月はクーラーで頭痛になることはあっても、

8月以降は頭痛になりにくくなってます。

ですので、私は6月くらいからエアコンを少しずつ使い始めて

体を慣らすようにしています。

もしかしたらエアコンの頭痛対策ではこれが一番効果があるかもしれません。



3回に渡って書きましたが、改めて読み返してみると

いまひとつまとを得てないという!

ということもあってサイトの方に

エアコンによる頭痛対策をまとめましたのでご覧下さい。


posted by 頭痛持ち at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。